« 2006年01月 | メイン | 2006年03月 »

2006年02月28日

どこが違うかな?

先週に引き続きWhat are they?/They are 〜.の質問と答えの練習。

今日はダーツゲームでトライです。

まず、ホワイトボードを9つに区切り、複数の野菜や果物が書かれたカードを貼っておきます。そのままダーツゲームでは、芸がないので!?その前にヒントゲームを。

They are fruit. They are yellow. They are sweet.(それらは果物です。黄色です。甘いです。)

とヒントを与え、答えてもらいました。9割ほど正答!! すっばらし〜!! (あっ、この答えはThey are bananas.バナナです。)

で、本番のダーツゲーム。唯一potate(ジャガイモ)だけ一つの物を貼っておいて、他は複数のカードを。

kid_01_0228.jpg

「Can you find the difference among them?(違いがわかるかな)」

後ろの方からS君が「potateが大きい!!」

あははは。確かに他のカードは小さくて、potateのカードは大きいのです。決して間違いではありません。

その後すぐM君が

「potateだけ一つしかない!!」

他のこどもたちも気付いていたようでほぼ同時に言ってくれました。Great!! 

自分で気付いていくことが学びの第一歩ですね。

投稿者 poohko : 19:39 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月27日

紹介練習

自習ルームに来た仲良し兄弟に、一足早い発表会の練習をしてもらいました。

お兄ちゃんのT君は友人紹介文を、弟のM君は自己紹介文を読んでもらいました。

T君はレッスン中に全て書き終えているので、あとはそれを読む練習をするだけです。

文字もフォニックスやサイトワードで学んでいるため、つっかえることなく意味も把握しながら読むことができました。でも、これってとってもすごいことだと思います。

毎週プーコズの本を借りて読み続けていることも、リーディングができる要因かと思います。

tsu_01_0227.gif

弟のM君はつっかえながらも、必死で書き込んだ所まで読んでくれました。まだ3つ書き終えていなかったので、Picture Dictionary(絵付き辞書)やDictionary(辞書)を使用して書いてもらいました。

辞書を使用することは自習ルームでも、レッスンでも行っているので慣れてきています。

最後にWonderful(すばらしい)という単語を調べて、書き込んでいました。

発表会の時にこのwonderfulを披露してくれるのが楽しみです。

投稿者 poohko : 21:27 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月26日

感謝の色紙

Aliceさんへの色紙を先日郵送しました。カリフォルニアまで普通郵便で240円でした。

tsu_01_0226.jpg

こどもたちの感謝の気持ちが海を越えてAliceさんのもとに運ばれていきます。

こどもたちからの質問にAliceさんが答えてくれるのが楽しみです。

投稿者 poohko : 18:04 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月25日

個性あふれるspaghetti!!

本当に個性って出るんですね。

kids_01_0225.jpg

Today is MondayのTuesdayの場面。先週finger paint(指色塗り)をした紙に、毛糸でspaghetti(スパゲティ)を貼ってもらったのですが…。

Mちゃんは、本をじっと観察し、長さを調節しながら毛糸をカットしました。その後も、本にあるように紙に貼り付けようと懸命。

Rちゃんは、毛糸を均等にカットして、スペースに余裕のある2箇所にまとめ貼り。

Y君は、長いままくねくねと毛糸を曲げながら貼り付けていきます。

三者三様とは、このことですね(笑)。

投稿者 poohko : 17:19 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月24日

一足早い発表会!?

スポンジでPat,patしているときのこと。

kids_01_0224.jpg

私がToday is Monday♪と、歌い出すと…

Kちゃんが、続けて歌い出し最後のSunday♪まで歌い終えてくれました。Thank you!!

と思ったら、すかさずAちゃんが

「すごく早く全部言えるよ!!」と自信たっぷりの顔つきで。

「Oh, really!?(本当!?) Please show me.(見せて)」と私。

ちょっと緊張の面持ちで…

Today is Monday♪と快調に滑り出し、最後まで息つく暇なくすらすら〜っと。(驚)

もちろん、私は惜しみない拍手!!

で、終わるのかなあ、と思ったら…

この拍手に即発されてか、再びAちゃん、Kちゃんが立ち上がって今度は二人して

Today is Monday♪

おお、すっばらし〜(涙)!!

一足早い二人の発表会でした。

投稿者 poohko : 21:59 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月23日

スポンジでPat,pat

先週はfinger(指)を使って(数人!?手を使ってになってしまいましたが)、色塗りをしましたが、本日はスポンジを使用してPat,pat(パタパタ)しました。

こどもたちは、先週の続きができるとあって、机を出すところから既にワクワク状態(笑)。

下に引く新聞も慣れたように、Pull(引っ張る)してお友達の分と半分に。

色を入れるボールを出すと、一斉に腕まくりを始めました(爆)。

今日はfox(キツネ)とmonkey(サル)。オレンジがかったfoxは、先週同様red(赤)とyellow(黄色)を混ぜてpat,pat,pat…。茶色のmonkeyはred(赤)とyellow(黄色)にblack(黒)を入れてpat,pat,pat…。

スポンジで表現できる質感が指の時とはまた違い、面白い感じに仕上がります。こどもたちも大喜び。

しかし…

本来はスポンジだけ汚れるはずなのに、やっぱり手までしっかり色つけしていました(汗)。

kid_01_0223.jpg

年中さんのクラスでは、このスポンジ作業はもちろん、先週色塗りしたページにrunner beans(インゲン)を色紙をちぎって貼り付け、毛糸を切ってspaghetti(スパゲティ)として貼り付けました。

kid_02_0223.jpg

投稿者 poohko : 20:37 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月22日

I want money!?

小学1年生のまとめにもなる「自己紹介文」を作成しています。

来る3月5日の「プーコズ春の発表会」の時にも発表します。

名前から始まって年齢、アドレス、学校、学年、好きな物、嫌いな物…と自分を表現する第一歩の総まとめです。

すでに先週、用紙を渡しておき、考えてくるように説明しておきました。

考えてくるだけでなく、すでにMちゃんはしっかり書いてきていました。そして、思わず爆笑してしまったのが、最後のセンテンス。

I want money.(お金がほしい)

Wow!!なんとダイレクトな願い!?

そして、その理由も書いてもらうのですがそれもしっかり考えてきていて…

「お金持ちになりたいの。」とさりげなくMちゃん!!

I want to be rich.

と最後に書いてもらいました。

お金持ちになって何がしたいのか、来週にでも聞いてみようと思っています。(笑)

kids_01_0222.gif

投稿者 poohko : 21:53 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月21日

They are….

今日はWhat are they?(それらは何ですか?)の文型の導入。

センテンスが書かれた絵カードを見せて

「Tell me about this picture?」(この絵の中にあるもの何か言える?)と問いかけると…

皆の目線が絵に集中。

「It is a box.(箱だよ)」「It is green.(緑色だよ)」「It is nose.(鼻だよ)」「It is W.(Wだよ)」出る出る(汗)。

その次に絵カードのラッピングされている物をさして

「What are they?」(ここにある物はな〜んだ)

となぞなぞ形式に、さりげなく本日のセンテンスを取り入れると…

「Box!!(箱)」「Present!!(プレゼント)」等、想像して答えてくれました。

わからないものを想像するのは楽しいもの。こどもたちの興味津々の顔。

よし、ここでしっかり引きつけて、センテンスの説明をして…。

「じゃあ、さっきペアになった二人が持っている物で同じ物あるかな?」

Y君「bag!!(かばん)」とわざわざbagのところまでペアのR君と行ってさしてくれました(笑)。

そこで私がしっかり「They are bags.(それらはかばんです)」とセンテンスを使用して言い直すと、こどもたちしっかりThey are を使って言ってくれました(すっばらし〜!!)。

のりのりのこどもたちのパワーはすごいものです(笑)。

R君「They are pants.(ズボンです)」
S君「They are erasars.(消しゴムです)」
Y君「They are faces.(顔です)」

次から次へと出してくれます。

しかも、なぜだかペアで腕組みあってにこにこして探してくれるんですね〜(爆)。

何の面白みもないカードのThey areを、ぐっと身近に感じてもらえたかな?

kids_01_0221.gif

投稿者 poohko : 18:57 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月20日

プリムローズ「英語で遊ぼう」

今日はプリムローズで「英語で遊ぼう」のボランティア活動を行いました。

event_01_0220.gif

言わずと知れた相棒のマミたんと、英語講師研修中のKiyoさん&Chihiroちゃん(娘さん)も加わりました。

今回も大好評で、開講2回が広報募集3日間でキャンセル待ちもお断りするほどの反響だったとか(感激!!)。本当に毎回うれしいかぎりです。

先日の北与野児童館でのボランティア活動同様「あぶくたった」英語バージョン(マミたん考案)も、こどもたちとお母さんの笑い声で楽しさいっぱいに遊ぶことができました。

Story Time(お話しの時間)での「From Head to Toe」も年齢が低いながら、一生懸命ゴリラの真似やロバの真似を、私たちを真似てやってくれました(感激)。

こどもたちやお母さん方の笑顔が、活動を続けていく原動力ですね。

投稿者 poohko : 22:34 | コメント (2) | トラックバック

2006年02月19日

春の発表会のお知らせ

厳しい寒さは続きますが、節分も終わり、春の足音が着実に近づいていますね。さて、今年度の締めくくり第二回プーコズ発表会のお知らせです。こどもたちの、一年間の遊び&学びの成果、楽しみですね。

日 時 3月5日(日) 10:00〜11:30am
場 所 戸田市文化会館3階 練習室3
    *当日1階掲示板に案内あり
参加費 500円(生徒家族)*お友達や見学の方は無料です
〆 切 2月25日(土)

inf_01_0219.jpg

発表予定
●preschool生徒全員 ♪Today Is Mondayの踊りと振付け
●Elementary1(個人)自己紹介文の発表/Spring Board本読み
●Elementary2 (個人)ともだち紹介文の発表/Spring Board本読みor早口ことば

投稿者 poohko : 21:58 | コメント (2) | トラックバック

2006年02月18日

Elephant in the sea?!

いや〜、今日もダイナミックにやってくれました。

Y君、Pat,patとelephant(ゾウ)に色塗りをしていたら、興奮してしまい…

「Wow!! What's this?(わあ、これな〜に)」と私。

「海の中にいるみたい!!」とRちゃん。

そ、そんなに塗りたくらなくっても良かったのですが…(汗)。

でも、さまざまな色を混ぜたゾウさんの紙は、本当に見事に海を切り取ったようでした。

なんだか不思議とart(芸術)感じちゃいました。(笑)

シェアリングの時、「What do you think it is?(これ何だと思います)」

と、お母さん方に聞いてみると、


「????」状態。わからないですよね〜。

誰にも気付かれず、紺碧の海の中を悠々と歩くゾウ。こどもたちと私だけの秘密。うふふ…。

kids_01_0218.jpg

投稿者 poohko : 17:41 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月17日

Pat, pat, pat

Today is Mondayのオリジナル本作成しています。

動物の下絵を画いたA5版の紙に絵の具で色を塗っていきます。

色を塗る時使うのは筆……ではなく〜、

こどもたちのfinger(指)!!

「What color is a snake?(ヘビは何色?)」と聞くと

「Green.(緑色)」とこどもたち。

「I have only red, yellow, and blue. How should you do?(私が持っているのは赤、黄色、青だけなの。どうする?)」と私。

「う〜ん。yellowとblueを混ぜる。」Aちゃんが答えてくれました。

で、さっそくyellowとblueをbowlに入れ、指でmix!!

みるみるgreenに早変わり〜。「やった〜!!」とこどもたちの歓声。

それを「Pat, pat, pat.(ポン、ポン、ポン)」と指でたたく感じで塗っていってもらいました。

今日は3つ動物を塗りましたが、thumb(親指)、point finger(人差し指)、middle finger(中指)をそれぞれの色で使い分けてPat, pat, pat。

年少さんの時は、thumbだけ、といっても結局全指総動員となってしまいましたが(爆)、年中さんになると複雑なことが出来るようになります。本当に1年毎の変化は目を見張る物がありますね。

kids_01_0217.jpg

投稿者 poohko : 22:15 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月16日

Food ダーツ

いつもやっているFood(食べ物)ビンゴの趣向を変えて、Foodダーツで遊んでみました。

ホワイトボードを9つに区切り、各Foodカードを各仕切りにmagnet(磁石)で止めておきます。

「What do you eat?(何食べる)」と皆が聞き、ダーツを持った子が磁石付のダーツを投げてFoodカードに当てるだけ。

当たったら「I eat 〜.」とその食べ物を答えていきます。

年少さんのクラスは、このダーツゲームに夢中。自分の番が早く来ないか待ち遠しくて仕方ありません(笑)。

でも皆えらいです!! しっかり並ぶという行為を覚え自分の番を待つことができます。本当にルールを守るという社会性の面においても、成長していくのですね(感心)。1年前は自分が世界の中心でしたから(汗)。

kids_01_0216.gif

投稿者 poohko : 21:07 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月15日

Aliceさんへメッセージ

Aliceさんにお礼のメッセージを、書きました。

kids_01_0215.jpg

先週考えて来てね、とカードを渡していましたが…。

R君がしっかり書いてきてくれていました。他の子は「I forgot!!」状態でかなりがっかりしましたが(汗)。

R君のメッセージ
Thank you very much for chocolate.(チョコレートありがとうございました)
I like doughnuts, too.(ぼくもドーナツが好きです)
I hope you come to Japan again.(また日本に来ることを願っています)

チョコレートはAliceさんがみんなのためにカリフォルニアから買ってきてくれたお土産です。そして、Aliceさんは日本のミスタードーナツがお気に入りで、朝食に2回も食べに行っていました。

R君、しっかり覚えていたんですね(感心)。

来週、みんなのメッセージをAliceさんに送ります。

投稿者 poohko : 22:02 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月14日

What time is it?

今日も暖かかったですね。

というわけで、久しぶりに外に出て遊んじゃいました。

「遊ぶ」といっても、もちろん目的があるわけで…

Dansinglishにある日常会話「What time is it?」「It's 〜.」を広い!?プーコズの庭でやることに。

kids_01_0214.gif

ゲームのルールは「だるまさんが転んだ」とほぼ同様。鬼がみんなより離れて後ろ向きで立ち、他のこどもたちが「What time is it?」と鬼に聞いていきます。鬼が12時までの数字を当てはめて、例えば「It's 3 o'clock.」と言うと、鬼以外がその歩数鬼に向かって前進します。この会話を続けていって、誰かが鬼にタッチしたら一斉に皆が鬼から逃げ出します。鬼はタッチされたらストップと言い、3歩以内でタッチできる子に触り、鬼を交代します。(ルールは自由に変えて良い)

教室では日常会話に燃えない!?Y君が、超のつくはりきりよう(笑)。

「It's 〜o'clock.」と鬼になった私が言う度に、ものすごい勢いでその数だけ前進。そしていち早く私にタッチして、一目散にダッシュ(爆)。

皆が全く恥ずかしがることなく、いつになく大きな声がプーコズの庭にこだましていました(笑)。

投稿者 poohko : 21:33 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月13日

仲良しブラザーズ

自習ルームに来る仲良しブラザーズ。

tsu_01_0213.gif

彼らは最近半袖で現れます。寒いのに平気なのかしら、と心配になって尋ねると

「体操クラブだったから暑いんだよ。」

との返答。

う〜ん。若いって素晴らしい!?

先週は購入したばかりのPicture Dictionaryで遊んだけれど、今日はフォニックスのプリントをやってもらうことにしました。

二人とも英語が好きらしく(!?)何をするのでも興味を持って取り組んでくれます。

母音や子音のプリントを3〜4枚ほど用意したのを、次から次へとさくさくとこなしてくれます。もちろん、わからないものはヒントを出しながら。自分で考えてもらいました。

「もっとな〜い? まだやりたいな。」

お兄さんのT君のうれしいお言葉。

やりたいときが伸びるとき。横でしっかりサポートしていきたいですね。

投稿者 poohko : 22:17 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月12日

Valentine's Day

2月14日はバレンタインデイ。

tsu_02_0212.jpg

デパートでもスーパーでも、チョコレート商戦が盛んですね。今日テレビで一粒3,000円のチョコ(何個だったか忘れましたが)が完売したといっていました(驚)。

正確にはValentine's Day(バレンタインズデイ)。聖バレンタインの日です。その起源は意外にシリアスなものでした。以下バレンタインの起源から引用。

西暦3世紀のローマでのことです。皇帝クラウディウス二世(在位268−270)は、若者たちがなかなか戦争に出たがらないので、手を焼いていました。その理由は彼らが自分の家族や愛する者たちを去りたくないからだと確信するようになったクラウディウスは、ついに結婚を禁止してしまったのです。

 ところが、インテラムナ(イタリア中部にある町で、現在のテラモ)のキリスト教司祭であるバレンチノ(英語読みではバレンタイン)は、かわいそうな兵士たちをみかねて、内緒で結婚をさせていました。それが皇帝の知るところとなったから大変です。しかも、当時のローマでは、キリスト教が迫害されていました。皇帝は、バレンチノに罪を認めさせてローマの宗教に改宗させようとしましたが、バレンチノはそれを拒否しました。そこで、投獄され、ついには西暦270年 2月14日に、処刑されてしまったということです。(269年という説もあります)。

日本では女性から男性に愛の告白として送る習慣が、定着していますがこんな深い起源があったのですね。

先日Aliceさんが来たときも言っていましたが、アメリカでは男性が女性にバラを送ったり、男女ともがカードを送ったりしているようですね。特にこの時期バラの花が高値になると言っていました(笑)。

いずれにしても○○チョコではなく、気持ちを込めたチョコを送りたいものです。

投稿者 poohko : 21:05 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月11日

春の入会キャンペーン

もうすぐ新学期!!

inf_01_0211.jpg

春の入会キャンペーンを実施しています!!

3月18日(土)までに入会決定された方は入会金10,500円が無料!!

お友達を誘って是非体験レッスンに来て下さいね。

詳しくはホームページ「春の入会キャンペーン実施中」をご覧下さい。

投稿者 poohko : 22:04 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月10日

会話好きなふたり

小学生クラスのMちゃんとY君は、大の会話好き。

会話とは日常英会話表現のこと。

今までの基本文型はもちろんのこと、先日紹介したDansinglish(松香フォニックス)の英会話もお気に入り。

顔の表情も面白く、動作も激しく楽しいんです。(爆)

本で絵を見ながら「何て言っているんだろう?」と考えていく行程でも、いろいろ意見を発表してくれます。

今日の単元の表現を確認し終え、「どの表現言ってみたい?」と聞くと

Mちゃんすかざず、「I forgot!!(忘れた)」を見事にパフォーマンス(笑)。

その後も「Oops!!(おっと)」「What's the matter?(大丈夫)」をふたりで過激に!?演じてくれました。(爆)

kids_01_0210.jpg

投稿者 poohko : 21:52 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月09日

Yummy Yummy Party!?

幼児クラスでお食事会を開きました。

roast beef(ローストビーフ)、runner beans(インゲン)、spaghetti(スパゲティ)、soup(スープ)がメニューです。

でも、新聞紙と紙、絵の具で作ったものですが(笑)。

「Color!(色をぬって)」
「Rumple!(紙をくしゃくしゃにして)」
「Mix!(かき混ぜて)」

とそれぞれが作っていきました。

「I'm hungry. Let's eat!(お腹が空いた。さあ、食べよう)」

自分の戦利品(!?)をそれぞれバッグに入れたK1君、K2君、S君は

「お家でもやろう!!」とかなりこの食事会にご満悦でした(笑)。

kids_01_0209.jpg

kids_02_-209.jpg

投稿者 poohko : 21:21 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月08日

I'm sorry. That's OK.

Dansinglish(松香フォニックス)のThat's OK.のページを本日導入しました。

kids_01_0208.jpg

Dansinglishは日常使われる会話が8つのカテゴリーに分かれていて、軽快な音楽にのって踊って歌いながら会話を習得する、という優れもの。

今月は「相手のことを気づかってあげよう」というカテゴリーです。

始めに本を見ながら、こどもたちがいろいろ会話の意味を推測。それからCDにのって踊ります。

これが終わった後に、事件!?発生。

T君が「Ouch!!(痛い)」

私「What's the matter?(どうしたの)」

T君「M君が…。」

どうやら、M君の手が何かの拍子にY君にぶつかったよう!?

私「こんな時、どうする?」とM君に聞くと

M君「謝る…。I'm sorry.」上の空状態でぺこり。

私「そっぽ向いたら気持ちが通じないよ。」

M君「I'm sorry.」今度はY君に向かってきちんとぺこり。

Y君「That's OK.(いいよ)」

こうやって、現実の場で使っていくことで会話に息が吹き込まれます。

しかし、この後なぜかこのフレーズが二人とも気に入ったらしく、なにかある度に使っていました(汗)。気持ちを込めて!?

投稿者 poohko : 21:21 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月07日

何本髪の毛があるの?!

今日の小学1年生クラスでは
"What grade are you in?"(あなたは何年生ですか?)
"I'm in the 1st grade."(1年生です。)
のセンテンスを導入。

初めての時はカードの絵を見せて導入していきます。

これには男の子が質問をして、女の子が指を1本立ている絵が画かれています。

「この絵を見て自分で言えることはある?」と聞くと

「(It's) red shirt.(赤いシャツ)」とか「(They are) yellow pants.(黄色のズボン)」など口々に言ってくれました。

そこで、私が

「She has ○○○○ hair.(彼女は○○い髪だね。)」

というと、J君が

「long hair.(長い髪)」と答えてくれて

「He has ○○○○○ hair.(彼は○い髪だね。)」

というとR君、Y君が

「short hair(短い髪)」と答えてくれました。

他にもおまけにstraight hair(直毛)とcurly hair(カーリー)も。

これは、今ホームワークで読み進めているSpring boardという本に出てくる単語なんです。

こどもたちは一回合格すると忘れちゃう、とか言っていますが、こういうときにしっかり思い出せるくらい、実はインプットされているんですね。

で、本題の「じゃあこの二人は、何を話していると思う?」と聞いたところ

しばらく考えていたJ君、おもむろに

「髪の毛何本あるの?…かな?」

「???!!!」

押さえきれず思わず爆笑!! 

こどもたちは、いろんなものを結びつけて考えてくれるんですね。私が髪の毛のことを聞いたから、きっとそれに関係したことに違いないと推理してくれたわけです(感心)。

その後、わざわざ自分の髪の毛をY君が1本抜いてくれました(笑)。

What gradeのセンテンスを、髪の毛何本あるのと間違えて記憶していないことを願います。(爆) 

kids_01_0207.gif

投稿者 poohko : 17:52 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月06日

あぶくたった in English

今日は相棒のマミたんと「英語で遊ぼう」のボランティア活動をしてきました。3歳未満の未就園児さんとそのお母さんが対象です。

北与野にある児童館で、館長さんもとってもやさしい方なんですよ〜。

集まった方達に「英語って楽しいなあと感じてもらうこと」「もっと触れてみたいと思ってもらうこと」を目的にかれこれ5年続けています。

さて、本日は「あぶくたったin English」を楽しみました。

相棒のマミたんが考案者。

日本語の「あぶくたった煮え立った、煮えたかどうだか食べてみよう…むしゃむしゃむしゃ…まだ煮えない/もう煮えた」の英語版です。

event_01_0206.jpg

豆がうまく煮えるまで、お風呂に入ったり顔を洗ったり…♪

Let's go to bed. And say good night!(お布団敷いて寝ましょ)

で、こどもたちとお母さんが寝ているところに豆役の私!?が

Knock, Knock…(コンコン)

最後にはMonster(怪物)になって、こどもたちを追いかけます。

こどもたちもお母さんも興奮の坩堝!?(爆)

とっても楽しいひとときでした。

再来週2/20(月)は戸田市プリムローズで「英語で遊ぼう」を行います。お楽しみに!!

投稿者 poohko : 16:02 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月05日

Aliceからメール

先日教室に訪れたAliceさんからメールが届きました。

Dear Junko,

Chiaki and I arrived safely in San Francisco on Tuesday. I am still feeling the jet lag now. It's difficult for me to fall asleep at night and wake up in the morning.

Thank you very much for the delicious Sabu Sabu dinner. I enjoyed my visit to Japan and wished I had more time to do more sightseeing and meet more people. It was a wonderful experience for me to meet with your students and the parents.

I am looking forward to hear from your students. Please tell them that I welcome any questions. Keep up with the good work and please keep in touch.

Love,
Alice


ということで、無事サンフランシスコに到着し、まだ時差呆けが続いている様子。

SubSub Dinnerとは"しゃぶしゃぶ"のことです。Aliceの本読み会終了後、みんなで木曽路にしゃぶしゃぶを食べに行ったのです。Aliceさんは、何を見ても珍しく着物姿のウエイトレスさんをデジカメに収めておりました。

tsu_01_0205.jpg

なんとAliceさん、日本に来て写真を600枚以上撮っています!! 

私たち日本人にとって、当たり前の事が、外国から来た方には全てが新鮮。毎日が発見の連続のようです。私もカリフォルニアにいたときそうだったなあ(爆)。

さて、Aliceさんもみんなの手紙を心待ちにしています。懇談会も無事終了。今週はAliceさんへの感謝の色紙を作成したいと思っています。

投稿者 poohko : 16:30 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月04日

見事Today is Monday♪

シェアリングの時間に、♪Today is Mondayの歌と踊りを、始めてこどもたちとお母さんだけで歌って踊ってもらいました。

2週間程前に既に、Mちゃん、Rちゃん、そしてY mom(Mちゃんのお母さん)が保育園の先生の前で披露したそう(すごっ!!) 保育園の先生かなりびっくりしていたそうです(笑)。

今日はいよいよその成果が見られるとあって、ちょっとワクワク。

そして…

♪Today is Monday, Today is Monday
Monday, runner beans
All you hungry children
Come and eat it up…

kids_01_0204.jpg

とみんなで揃って大合唱と振り付け。

Greeeeeeeeeeeeeeeeeeeat!!(すっばらしい)

初めてでしたが、堂々と歌って一生懸命振り付けして下さいました。

次回はまたステップアップしているかしら。楽しみ!!

投稿者 poohko : 16:08 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月03日

教えてもらわなくちゃ

小学1年生クラスでセンテンスゲームをしました。今日も見学会を兼ね、お母さんと一緒にゲームをします。

音楽に合わせてボールを隣の人に渡していき、音楽が止まったところでボールを持っているペアが渡されたカードの質問と答えを言い合う、というもの。

今まで習得したカードを全て使用します。1〜3月は習得文型の復習月。どの文型が不確かで再度復習していかなくてはならないか、もチェックしていきます。

今日はこどもたちが質問をし、お母さんが答えていくという形で進めました。

How is the weather?からWho are they?まで約15の日常会話と文型。

kids_01_0203.gif

2回続けてカードを読むチャンスを得たY君に、Mちゃんが「ラッキーだね。」とうらやましそうにいうとY君得意満面の顔。

時々お母さんの助けを借りる場面もありましたが、逆にお母さん達が教えられる場面も多々ありました。

懇談会の時、H mom(Mちゃんのお母さん)が

「私よりたくさん知っていて、びっくりしました。この子に教えてもらわなくちゃ。」

とおっしゃっていました。

こどもたちは、教えることが大好きです。教えることで自分に自信もつくし、より深く納得していきます。

こども先生、これからも活躍願います(笑)。

投稿者 poohko : 21:35 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月02日

アルファベットTaking Game

年少さんクラスの目下のお気に入りは「アルファベットTaking Game」。

今日はお母さんの前で、おおはりきり!!

AからZに関係した絵に簡単な文が添えられているThe Alphabet Bookを使用して行います。

例えば「A」のページには
アメリカの旗を持ったアリの絵があり、ページ上部左端に「A」と大きい文字が書かれていてページ下部に「American ants」と書かれています。

私はページ上部のAを手で隠しておいて、A,A,A,American antsとフォニックス読みを入れながら読みます。

そして、手を離して「A」の文字を見せ、こどもたちは場に置かれた「A」の文字を探します。

ほんとにこれ、お気に入りなんですよね。本の絵も面白いし、リズムにのって言うので楽しいようです。お友だちと競って探すというのも、わくわくする要因の一つですね。

小学生からフォニックスは本格的に始めますが、その前段階で楽しみながら入っていくと良いなあ、と考えています。

kids_01_0202.jpg

投稿者 poohko : 22:01 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月01日

記憶力ゲーム

小学2〜3年のクラスで「お絵かき記憶力ゲーム」をしました。もちろんお母さんと一緒です。

目的は
He, She, Iの主語の使い分けと動詞の変化の違いをきちんといえること。

各々に紙を3枚渡し、自分の好きな物の絵を画いてもらいます。そして順番にセンテンスを言っていきます。

一番目の人は「I have 〜.」
二番目の人は一番目の人が言った物を言った後自分の好きな物を付け足していきます。

例えば
一番目(男の子)「I have a mouse.」
二番目(女の子)「He has a mouse. I have an elephant.」
三番目「He has a mouse. She has an elephant. I have a lemon.」

みんな人の言った物を覚えようと真剣な顔。あの子はあれ言った、お母さんはあれ言った、と頭の中で反芻しているようです。

「おっ、さすが親子」と思ったのは見せないように画いた絵が一つ一致していたこと。

それもdragon(ドラゴン)!!

親子ってどこかでつながっていて影響しあっているんだなあ、と変に納得してしまいました。

kids_01_0201.jpg

投稿者 poohko : 22:30 | コメント (0) | トラックバック