2007年12月25日

Home Sweet Home

11〜12月は「家」をテーマに「家」が毎日の生活にどんな役割を果たしてくれているか、探っていきます。

まず「家の形態」。
プーコズの周辺にはどんな形態の建物が多いか、実際に外に出て調べてみました。
apartment/house
どちらが多いか、予め予想してからカウントしていきました。

外に出た途端
「House!!」「あっ、apartment!!」と次から次へとこどもたち。数を書き取っている私の忙しさにはおかまい無し(汗)。

しばらく歩くと神社がありました。
こどもたち「これは何ていうの?」
私「It is a shrine.」
こどもたち「Shrineか〜。Shrine。」

テーマをもとに、外に出て、目で見て、その大きさや雰囲気を感じ、自然にこどもたちからは質問が出てくるようになるんですね。

また、歩く場所によって、houseが多い場所、apartmentが多い場所と分かれている事も発見していました。

教室に戻った面々、早速集計を。

皆の予想通り……

House!!に軍配。

その後HWで、自分の家の周りを調査してもらった結果、どの家の周りもhouseが多いことが判明。戸田はアパートが林立しているように見えましたが、まだhouseの方が多いんですね。意外な発見でした。

ele2_01_07.jpg
左:探索から帰って来たこどもたち
右:Let's go room Gameで必死にroomまでパペットを吹くこどもたち


投稿者 poohko : 11:38

2007年11月14日

What can Halloween Monster do?

小学2年生の大テーマは「Who we are(自己をみつめ、その価値発見)」自分は何が出来るのか、canを中心に自己の価値をたっくさん見つけていきます。

9〜10月はHalloween と関連させ、自分が作成したオリジナルモンスターに出来る事は何か?を考えていきました。こんなこと出来たら面白いなあ、という願望が入ってきますね(笑)。

他学年同様、プーコズの周りにいる昆虫をモンスターのモデルに見立て、構想を練って行きました。女の子3人クラス、butterfly(チョウチョ)に興味の中心があるようで、いくつも違う種類のチョウチョを描いていましたね(笑)。

el2_01_07.jpg


とっても細やかな部分に気を使うこどもたち。きらきら光る折り紙を多様したり、モンスターの洋服のボタンにこだわったり…。

それがモンスターの特技にも出て来て、jumpやrunやfireに混じって

It can change for many clothes.(たくさんの服に着替える事ができる)

お年頃ですかね(笑)。


ele2_2_07.jpg

ele2_3_07.jpg

投稿者 poohko : 20:04