感情表現 ー sadってな〜に?

小学3年生クラス

Me Myself

以前さらっと取り上げたBook「Me Myself」(by Apricot出版)に、じっくり取り組みます。

ターゲットは自分の感情等を表わす単語。

Happy/sadというよく知っている単語から、brave/timidというちょこっと聞き慣れない単語もあります。

自分のことを伝えるために、感情表現は必須。意味を理解し、使いこなせるようになりたいですね。

本を読み聞かせながら、ときどき質問。

ここで、以外だったのが、単語の理解度。

good/badは日常茶飯事に使われる単語なので、どんな時に使うかわかっていると思っていました。褒めるとき、Good!!と良く言ってますから(笑)。

が、実はどんな時それを使うのか、わかっていなかった(ありゃ〜)。

なので、絵本を見て、なぜgoodなのか、badなのかがいまいち理解できていなかったようで…。happy/sadまでも???だったよう(wow)。

今更ながら、自分に置き換えて言葉を理解してもらうことの意義を実感。この理解作業をしっかり行うことにより、カードでの機械的な繰り返し作業が有効になるといえるでしょう。

自分に置き換え作業は、二人にとって、思いのほか愉しかったようで…(汗)

「ぼくがsadの時は…」

「わたしがsadの時は…」

自分バージョン話しに花が咲き、なかなか次へ進ませてくれませんでした(笑)。

 

カテゴリー: ENGLISH, 小学3年生   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>