「食の問題」プレゼン練習

本日の子ども達のニュースは「草薙君公然わいせつ罪事件」。
豚インフルエンザより、こちらの方に軍配があがったようで…。

最後に、○○大臣がこの事件について「最低の人間」と言った事に関してどう思うか尋ねてみると、
「これくらいのこと、たくさんの人がやっているから、最低までいかない。人を殺した訳では無いのだし。」
と皆さん草薙君擁護の意見でした。


そして、本日は本番に向けプレゼン練習

まず子ども達に全権を委ね、私はだんまりを決め込む事に。

その結果、子ども達、しーーーん。(汗)

しばらく黙った末、解決の糸口になるヒントをちょこっと享受することに。

1.自分たちがファストフード店へ行く目的は何か?
2.その目的のための提案事項は(具体例)?

この2つがきちんと言えるよう、考えてもらいました。

オリジナルバーガーを試作したのも、栄養士さんに問い合わせしたのも、全てこの目的のため。
大切なFPSP手法「step2を忘れてはいけません。

私が口を挟みすぎると子ども達は自分で解決することを放棄してしまいます
大切な箇所はぐっと押さえて、子ども達が考え出したプレゼンを少し手直しするだけにしました。

かなりコンパクトにまとめたプレゼンですが、要素はきゅっと詰まっているようです。

次回5月11日の本番に向け、こどもたちは暗唱の練習をするようです。

いつも「宿題な〜に?」と聞いて来る子達が自発的に動き出しました

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

カテゴリー: FPSP   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>