こども研修会(アメリカ世界大会評価反省)

本日、FPSPこども研修会を行いました。


1.アメリカ世界大会の表彰
2.ブックレット競技評価に関する説明
3.FPSP簡易問題の取り組み
  
(FPSPアメリカ英才児教育テキストより抜粋)
4.アメリカ大会の反省や感想等

こどもたちに、表彰状をひとりずつ渡しました。受け取ったこどもたちは、恥ずかしそうな顔をしつつ、嬉しそうな笑顔。みんな一生懸命取り組んだ勲章ですね。

こどもたち皆が参加したブックレット競技のアメリカから届いた評価を、代表 高橋が説明。自分たちの案がどんな評価をされたのか、評価表のコピーを見ながら親御さんも一緒に熱心に聞いていました。

昨年参加した子たちにとっては、1年でどれだけ「考える力」がアップしたかを見ることが出来ました。正確には、ほんの半年(12回)程のレッスンでしたが、その効果がしっかり現れていました!!


総合評価 2007年 70点
    2008年 83点(13ポイントアップ)

来年度、この成果と反省を踏まえ、
1.リサーチ力
2.創造力
3.未来志向の思考

を高めて行きましょう!!

評価解説後、FPSP簡易問題を2つ程、取り組みました。
問題認識や問題の重要性を割り出す前に、安直な解決策に飛んでしまいがちな「思考回路」が再度認識されました。

「何が問題なのか」をしっかり軸に据え、問題解決を図る事が重要であるという事を問題を解きながら、こどもたちは納得したようでした。

この未来問題の解決ステップを身につける事は「机上の問題」として終止するのでは無く、「日常生活の中で直面する様々な問題」を解決していくために、とても重要な役割を果たしていくことと確信を深めました。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

カテゴリー: FPSP   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>