第1回 貧困問題

新年初のFPSP!!

今月から、5月のアメリカ世界大会に向け、世界のこどもたち同様のトピックに取り組んでいきます。

Debt in Developing countries(発展途上国の負債)

う〜ん、難しい!!

日本の小学校では、経済に関しての授業はありません。

負債」って???????

こどもたちの頭にクエスチョンマークがひたすら並んでいるのが見えます(笑)。

ということで、まず貧困問題クイズから始めて見る事に。選択問題なので、自分の貧困に対する感覚みたいなものが現れてくることになります。

1.世界で飢えに苦しむ人は何人ですか?

a.85万人  b.850万人  c.8,500万人  d.8億5,000万人

2.慢性的な栄養失調の人は何人ですか?
a.200万人  b.2,000万人  c.2億人  d.20億人

3.どれくらいに一人、こどもが貧困のために命を落としますか?
a. 3秒  b. 3分  c. 30分  d. 3時間

等々、全8問
By「ほっとけない世界のまずしさ don't let it be:world poverty」(扶桑社)平成18年8月30日初版本


そして最後の9問目には

貧困問題についてあなたが知っていること、知りたいこと

を付け加えておきました。

こどもたちの周りには、幸運な事に「貧困」というものが身近にはありません。前回行ったゴミ問題と違い、まさに遠い世界の出来事。授業の中で何かとの関連の中で触れる事はあっても、その問題を中心に議論することなどないでしょう。

そのため、最後の9問目は、全く手つかずに近い状態。知っている事は「なし」

知りたい事は「発展途上国の国の名前」「貧困に苦しむ人たちは食べるのが少なくてどういう暮らし?」の2点でした。

その後、貧困国がなぜ債務(借金)をたくさん抱える事になるのかを例を示しながらざっくり説明。

先進国と発展途上国との関係が少しばかり理解できた感じ(ホッ)。

レッスン後の感想と質問には

「世界には1日1ドル以下で生活している人がいるなんて知りませんでした。貧困に苦しむ人に比べると私はぜいたくをしているんだなと思いました。」

「アフリカなどはどうして貧困が多いの?」

「難民て何?」

等、全く白紙状態だったこどもたちの心に、少〜〜し問題意識が芽生えたようです。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

カテゴリー: FPSP   パーマリンク

第1回 貧困問題 への1件のコメント

  1. 高橋りう司 より:

    子どもたちの関心が広がる様子、楽しいです

    難しいトピックですが、がんばってください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>