第2回 貧困問題

「債務」の問題で先週頭を抱えたこどもたち。

「貧困問題」をもっと身近に感じてもらうために「債務」からちょこっと寄り道をしてみることに…。

先週、こどもたちに「貧しいとどんなことが起こるか」を、図書館の本から探して書いてもらいました。

その中で、最も多かったのが

「栄養失調になってしまう」

ということ。

「栄養失調」になると身体が弱るという事はわかっているけれど、いったいどんな状態になるのか?

「飢餓」が身体に与える影響を知ってもらうために、「食べ物と栄養」を取り上げる事にしました。


生きるために必要なものは?の問いに

空気、水、食べ物、命、地球

等があがり

「人生」なんて渋いのもでました(笑)。

その中の「食べ物」に焦点を当て、

どうして食べ物が必要か?
食べ物はどこから来るのか?
どれくらいの量の食べ物が必要か(1日)?
十分な食べ物が無いとどうなるか?

という問いかけをしました。

どのくらいの量の食べ物が必要か?という問いかけには
ご飯3杯/みそ汁3杯/肉1〜1.5皿/魚1皿…

と自分たちが普段食べているであろう食べ物が並んでいきました。

その後、カロリー表を配布して、見てもらう事に。

表の中でカロリーが最も多かったのがポテトチップ一袋555kcal!!

ご飯が1膳218kcalということを考えると、ものすごいカロリーですね

逆に最も少なかったのがアサリ生10個10kcal

でも、アサリは生では食べないですものね(笑)。みそ汁の場合、味噌(大さじ1杯)を入れると39kcalプラスされます。

この「カロリー表」ともう1枚「1日の食事シート」を配布。カロリー表をもとに、1日の自分の食事のカロリー計算をしてもらいました。

自分の食べた物が何だったか、最初は思い出せない子もいて(笑)。給食のシチューには何がどれくらい入っていたか、それは何カロリーになるのか?皆、同じ給食メニューなので、協力して書いてましたね。


始めての宿題は、この1日の食事シート(本日分)の仕上げとあと1日分を書いてくる事としました。

さて、こどもたちは平均1日何カロリー摂取してくるのでしょうか?


次回も、食べ物と栄養の関係にスポットを当て、食べ物がどうして必要なのか、栄養が足りなくなると何を引き起こしていくのかを探っていきたいと思います。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

カテゴリー: FPSP   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>