食の問題ーークッキング

本日は待望のクッキング!! 

皆が選んだメニューを試作します。


2人1組み(1人がリーダー)になり、3つのハンバーガーを作成しました。

○WYメニュー(Yummy Yummy メニュー)
○ご当地(埼玉)メニュー

○ぜいたくメニュー

まず、しっかりエプロンをつけ頭にバンダナを巻き、マスクをし衛生面での準備を万全にしました。もちろん手洗いも!!


WYメニューはマグロを細かくカットする所から始まりました。大人の包丁も使い、手さばき素晴らしい!!

ご当地メニューは草加せんべいを砕き、小麦粉に混ぜる作業を。

ぜいたくメニューはエビの殻むきとニンニクのみじん切り。

私は火の扱いや器具の取り扱いで、手伝うのみで、後は全て子ども達の手に委ねました。


どうな 期待と不安が入り交じりながら、子ども達は次々と作業をこなしていきます。
リーダーは時間内に作業が終了するよう、パートナーと話合い指示を出さなければなりません。
パートナーは、作業が円滑に進むようリーダーにアドバイス、作業を効率よく行なわなくてはいけません。
まさに恊働作業


野菜の素あげでは、高温の油が入った鍋にゆっくりと素材を投入する技術を子ども達がた。そしてもちろん、火を使用するときは目を離さず、集中する。
料理は楽しいけれど、非常に危険が伴うもの。そこの所の認識は、各々が十分体験出来たと思います。


さて、予定時間を15分過ぎて、全てのハンバーガー試作品完成!!

自分たちのハンバーガーを最初に食べ、まずおいしいと満足
その後、他のハンバーガーを食べ比べ。感想は大きな声で語られませんでしたが…。


お迎えに来たお母様方にもお裾分け。期待以上!?の味にびっくりされていましたね。
食されたお母様、ご感想お待ちしております。


次週から、作成中の感想、反省も含め、ファーストフード店、レストランへのハンバーガーの売り込み資料を作成していきます。効果的な資料とはどんなものか。子ども達とともに検討。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

カテゴリー: FPSP   パーマリンク

食の問題ーークッキング への2件のコメント

  1. poohko より:

    ありがとうございます。保護者の方から、「子ども達のやる気にびっくりした」「メニューの企画、レシピ、材料分担、調理、試食まで行ない、いろいろな脳を刺激したのでは」というご感想もいただいています。「結果はこうなる」というお決まりの路線ではなく、「どうなるんだろう?」という好奇心が皆を駆り立てているのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>